【妙高市】妙高の里山生活を味わえる築120年の古民家宿がオープンします

妙高市西野谷に、2024年4月6日(土)、築120年の歴史を誇る空き家を活用した古民家宿「MAHORA 西野谷」がオープンすることがわかりました。

MAHORA 西野谷(プレスリリースより)

MAHORA西野谷 冬(プレスリリースより)

MAHORAとは「素晴らしい場所」、「住みやすいところ」という意味を持つ言葉です。

MAHORA 西野谷(プレスリリースより)

囲炉裏&3部屋(プレスリリースより)

1泊2日での里山の暮らしを体験できるプランのほか、宿泊施設だけでなく交流スペースも併設しています。

MAHORA 西野谷(プレスリリースより)

6畳ベッドルーム(プレスリリースより)

地元の食材をふんだんに使った食事や、地域住民と楽しむ里山のイベントなど、「妙高の里山生活」を味わえる体験型宿泊施設として、里山ならではの特別な体験ができます。

MAHORA 西野谷(プレスリリースより)

吹き抜け天井(プレスリリースより)

MAHORA 西野谷(プレスリリースより)

手作りの雪沓(プレスリリースより)

  1. MAHORA西野谷
    ■住所:944-0064新潟県妙高市西野谷54番地
    ■交通:上越妙高駅から車で約20分
    ■客室:3部屋、シェアキッチン、図書室(一棟貸し)
    ■料金:1泊朝食付き25,000円~/人(大人2名利用時※税込)
    ■対象年齢:何歳でもウェルカム(12歳以下添い寝無料)
    ※詳細はホームページまたはインスタグラムにてご確認ください。

皆さんもぜひ、新しい旅の拠点となる古民家宿「MAHORA 西野谷」にご注目ください。

オープン予定の「MAHORA 西野谷」はこちら↓

・プレスリリース

2024/04/01 08:38 2024/04/01 08:38
hare

号外NETの広告出稿はこちら

号外NETメルマガ

号外netは持続可能な開発目標(SDGs)を支援します

号外netへの提供提供求む!

号外net 全国で地域ライター募集